にわのいろpartⅡ

2019年春からの庭の記録

お隣のサザンカ垣根

側溝の掃除をする際に西隣空き家のサザンカの落ち葉が たくさん詰まって、毎回面倒になってきた。
さいわい旧お隣さんは近くに住んでいて、ただ最近ご主人を失くされてお一人なので、言い出しにくかったのだ。ご主人が生きておられた頃は見回りに来て管理もしていらしたのだけど(ただしご高齢なので完全ではなかった)、緑内障で目の悪い奥さまではもう状況が分からないだろう。

f:id:noi3noi:20210508154839j:plain

サザンカ垣根・・手前の角だけ試しにちょっと切ってある。
石垣は道路から40センチほどの高さ。  

溝掃除をする際に道路側にはみ出たサザンカの垣根の下に頭を突っ込みしゃがんでドブをかきださないといけないのは、やっと腰痛が治りかけた私にとって苦痛でしかない。それで先日、「サザンカの下の方の枝を少し切ってもかまいませんか?」と話してみたら、「どうぞお願いするわ、他にも迷惑になりそうな木があったら切ってもらっていいですよ」とおっしゃった。いやいや、そこまでは・・・(-_-;)

サザンカの花も散ると掃除がたいへんだけど、4、5月に新芽が出る前に落ちる古葉の方がもっと始末が悪い。腐らないので側溝は詰まるし花ほど風情がないし。今月に入ってバケツ3杯くらいはゴミに出した気がする。垣根はL字型になって車庫(お隣)の方にも落ち雨で流れてけっきょく側溝に落ちるので、そこもついでに掃き集めている。

f:id:noi3noi:20210508155338j:plain

切り詰めたあと。側溝に落ちた古葉と道路際の草も取って終了。

そんなこんなで、きょう11時頃から伐採に取り掛かり、後片付け含めて2時間半費やしてやっと終えた。野鳥がよくやって来るので、自生のサンゴジュとかナンテンとか生えていてそれも根元からカット。サザンカはすでに新芽に代わっていた。庭の中が草だらけなのが見え見えになったけど、草むしりまではしない。根元が空いてネコが入りやすくなったかな。

f:id:noi3noi:20210508161104j:plain

車庫側にも垣根は続いていて地面すれすれだったので、そこも切った。
切った枝はお隣車庫にとりあえず放置。いずれ片付けます。

庭師さんに「切り詰めてください」と伝えても、きっとプロには「庭木の形」にこだわりがあるのだろう。今度庭師さんが入ったら、「なんて切り方してくれたんだろう」と思われるのはまちがいない。
空き家は家だけでなく、庭の方も管理が必要だ。手入れできないのならやはり北側裏のお宅のように(ここも空き家)思い切った伐採も必要かと思う。ただし草は生える。

f:id:noi3noi:20210508162431j:plain

気分を取り直して我が家の庭・・癒されるな~

チャドクガが発生するかもしれないと思いその前に実行したのだけれど、チャドクガだいじょうぶだったかな。(今まで年一回消毒はされてきたみたいだ)シャワーを浴びて服は全部洗濯しました。

5月8日のバラ

エプロンのポケットから取り出したマスクにふわ~んと甘い香り。バラの花びらを一緒に入れていたんだった。

f:id:noi3noi:20210508075125j:plain

プロスペリティ

プロスペリティは数年前に半額以下で購入した鉢物で、まだ30センチほどの丈だったから新苗だったのかも。花は終わりかけ。庭植えにしようと鉢から出した時、苗は2本あってピンクっぽい花も一輪咲いていた。何も考えずにか細いピンクっぽい方を捨ててしまったけど、あれは「ピンクプロスティ」だったのではないかと思う。
我が家の一番北側・・物置の横、半日陰というよりほぼ日陰の場所に植えたにかかわらず、けっこうよく育っている。いつか防犯用に役立ってくれるはず。

物置前のつる・シーザー。ほぼ人目にはふれる事はない。

f:id:noi3noi:20210508075005j:plain

つる・シーザー

挿し木苗のバラはブラン・ピエール・ド・ロンサールだと思っていたら、癌腫で抜いたグルス・アン・アーヘンを挿し木しておいたものが開花したのだった。

f:id:noi3noi:20210508080733j:plain

グルス・アン・アーヘン・・

f:id:noi3noi:20210508081223j:plain

ブラン・ピエール・ド・ロンサール(白いピエール・・)

f:id:noi3noi:20210508081330j:plain

アブラハムダービー(イングリッシュローズ

アブラハムは、雨と花の重さで地面すれすれにうなだれている。まだ株は私の膝上くらい。大きく育ったら我が家で一番の庭掃除が大変なバラになりそうだ。

こうしてみると、レーヴドールと言いクレパスキュールと言い、アプリコットがかった色が好きなのねと言われたけれど?ピンクがのバラがいちばん多いのでは?

f:id:noi3noi:20210508081944j:plain

ラベンダーラッシー

ラベンダー・ラッシーはネッ友さんに挿し木苗をいただいて10年くらい。ずっと太めの幹は一本しかなかったのだけど、今年は3本くらいシュートが出ている。やっと勢いが付いたみたい。

f:id:noi3noi:20210508082446j:plain

エスタデイも咲いてきた

f:id:noi3noi:20210508082556j:plain

キャサリンハロップ、イエスタデイ、バロン・ジロード・ラン
バリエガータ・ディ・ボローニャそしてつる・サマースノー

ピンクのキャサリンハロップは、すっかりイエスタデイの上に覆いかぶさってしまったので誘引をやり直した。お互いスッキリ。
バロン・ジロードランの長い枝はスモークツリーの木まで支柱をアーチ状にして結わえてみたけれど、これはよくなかった。なぜかというと、たぶん強風のせいでゆれて花付きがイマイチ、花も小ぶり。せっかくよく伸びた枝だったのに。次回の反省点。

f:id:noi3noi:20210508083728j:plain

ファンタン・ラ・トゥール

ファンタン・・もっと大きくさせたい。鉢植え・庭植え両方とも挿し木苗なのでまだまだ株は充実していない。か細い枝に次々花を咲かせる。スモークツリーの木の下、つる・サマースノーのフェンスの裏で。

f:id:noi3noi:20210508085038j:plain

ナローウォーターは満開!数日で終わりそう

ラベンダーラッシーがいつ頃我が家に来たのか旧ブログを検索していたら、2012年5月22日に2年経ったという記事があった。その数日前に開花して、イエスタデイも同じ頃開花している・・・という事は今日はまだ5月8日なのに!バラの開花がこれからどんどん早くなっていく。4月末が見ごろになる日も近いのでは?

(それにしてもココログブログをスマホで見ると、エッチ漫画の広告ばっかし。はてなブログはずっとまし。)

友人宅の花

午前中はまだ曇りだったので、昨日来てくれた友人の庭を今度は私が見に行く。

f:id:noi3noi:20210507160017j:plain

友人宅の庭① スモークツリーとワトソニア

f:id:noi3noi:20210507160809j:plain

スモークツリーは我が家のグレースより小ぶり。
ロイヤルパープルかな。 シャクヤクがエレガント。

f:id:noi3noi:20210507160308j:plain

友人宅のバラ①

f:id:noi3noi:20210507160530j:plain

友人宅のバラ②

f:id:noi3noi:20210507160629j:plain

このバラはなんでしょ?丸い蕾がかわいい。

f:id:noi3noi:20210507160712j:plain

友人宅の庭② 中央はアナベル

個人情報で全体は載せられないが、庭木の大きいのがあると木陰が出来ていいかもしれない。一日中庭にいても飽きないのは彼女も同じ。ただ、彼女の方が几帳面だ。我が家からの種をずっと維持して咲かせているし、整然と植えられている。

白いバラとフェンス

隣の町内施設との境にあったフェンスを新しく作り直して、ブランがどんなふうに咲いたか、早朝に敷地に入って見てみた。  

noi3noi.hatenablog.com

noi3noi.hatenablog.com

 

f:id:noi3noi:20210507072836j:plain

まだまだ花は少ないけど

左手は車庫、右手にあるのは物置兼物干し場。やはりブラン・ピエールドロンサールは車庫の方ではなく、東を向いて咲く。ここは真っ先に朝日が当たる場所。
ちなみに、この町内施設はあまり人が入って来ない・・・施設の管理のためとか草むしり当番の人くらい。

f:id:noi3noi:20210507073732j:plain

ブラン・ピエール・ド・ロンサール

f:id:noi3noi:20210507074206j:plain

家の車庫側から。バラはナローウォーター。

 

5月7日の庭

今日は薄曇り。花には良い天気。まだ6時前で、コンボルブスがやっと開きかけていた。

f:id:noi3noi:20210507070849j:plain

コンボルブス

f:id:noi3noi:20210507071152j:plain

玄関・・淡いピンクバラはファンタン・ラトゥール

f:id:noi3noi:20210507071434j:plain

庭・・東から

f:id:noi3noi:20210507071514j:plain

庭・・西側から

f:id:noi3noi:20210507071555j:plain

ダイアンサスと一年草フロックスはさすがに色あせて来た

f:id:noi3noi:20210507071652j:plain

道路側から、庭の中央
一年草、あと咲いていないのはゴデチアくらい。(手前)
ジギタリス、もっとたくさん植えればよかった。

f:id:noi3noi:20210507072016j:plain

2階ベランダからの庭

 

5月6日のバラ

物置手前で咲き出したつる・シーザー。初めてテッポウムシに入られ太い枝をカットしたせいで、花付きはちょっと少ないかな。
ほんとうは中心がもっとショッキングピンクみたいな色になるのに、今年はなぜかアプリコットピンク。いつもより早く咲き出したからか。

f:id:noi3noi:20210506193023j:plain

つる・シーザー①

f:id:noi3noi:20210506193124j:plain

つる・シーザー②
f:id:noi3noi:20210506194005j:plain
f:id:noi3noi:20210506194036j:plain
ブラン・ピエール・ド・ロンサール

ナローウォーターの右、一番東に植えてあるブランはみんな東を向いて咲く・・明日になったら隣の町内施設に入って見てみようと思う。ちなみに、右の花は挿し木から咲いたもの。まだ一輪だけ。

f:id:noi3noi:20210506194722j:plain

玄関のファンタン・ラ・トゥール

f:id:noi3noi:20210506194849j:plain

庭植えのファンタン

f:id:noi3noi:20210506195024j:plain

メアリーローズとハニーサックル

f:id:noi3noi:20210506195222j:plain

アブラハムダービー、今年は日陰になってしまった

f:id:noi3noi:20210506195138j:plain

メアリーローズの後ろにアブラハム・ダービー

アブラハムダービー、大きくなりそうだけど今はまだメアリーローズの後ろに隠れている。メアリーローズは今年限りでこの場所から撤退させるつもり。移植が難しいなら挿し木苗を作らなくては。

noi3noi.hatenablog.com

 今日は午前中に友人が庭を見に来てくれた。雨上がりでまだ花が濡れているし晴れてしまったので、ほんとうはちょっと曇りくらいの日の方がいいと思ったけど、まあいいや、喜んでくれたし、もう一度見に来てもらえれば。やはり一度では全部のバラは見られないし。
夕方は新聞を取りに玄関に出たら知らない女性が、花の写真を撮らせてもらっていいですか、と。どうぞどうぞ。私もうれしいです。

 

前半バラは今がピーク?

今日は雨。朝はまだ降り始めだったので少し庭を見る事ができた。
小さい庭なので毎回同じような構図になってしまうけれど、日々の眺めは変わっていく。草花やバラが咲き進んでいる分、今年は毎日更新できるのは中旬くらいまでの気がする。春だけの「にわのいろ」お付き合いください。

2階の東の窓から下のバラを写してみる。ナローウォーターがアーチとフェンスで花盛り。右側下が玄関入り口に近い。(アーチは入り口ではありません

f:id:noi3noi:20210505091431j:plain

2階の東から下のバラアーチ

ナローウォーターはフェンスだけでなく、アーチの上の方でもよく咲いている。つる・サラバンドの赤とは合わないけれど、支柱代わりのアーチとして。左のバラはつる・シーザーで、やっぱり早い。

f:id:noi3noi:20210505092411j:plain

チルダ

f:id:noi3noi:20210505092512j:plain

ナローウォーター

f:id:noi3noi:20210505092708j:plain

挿し木からのファンタン・ラトゥールとレーヴドール

f:id:noi3noi:20210505092831j:plain

5月4日の車庫からの玄関周辺

f:id:noi3noi:20210505092936j:plain

バロン・ジロードランは車庫の柱側に

f:id:noi3noi:20210505093135j:plain

庭の一番西側で咲くレーヴドール。隣は空き家の車庫

f:id:noi3noi:20210505094952j:plain

クレパスキュールは花芽の付いていない枝もあり、
次回は思い切った剪定を工夫せねば。 
f:id:noi3noi:20210505093707j:plain
f:id:noi3noi:20210505093641j:plain
クレパスキュール、レーヴドール。ともにノアゼット系

f:id:noi3noi:20210505094009j:plain

バリエガータ・デ・ボローニャ(手前はイエスタデイ)

バリエガータ・・は鉢植えにして庭に置いているものが、根が地面に潜ってつるは1.5メートルほど伸びた。調べると5mほどになるらしく、いずれは庭植え候補。

ムタビリス第一弾はとっくに終わり、キャサリンハロップはいくつかがホロホロ散り始め。木が弱って来たメアリーローズは今日の雨で散る。レーヴドールはたぶん今が満開。本来5月10日前後くらいから咲くはずのバラがもう咲き出している。

 

続きを読む