にわのいろpartⅡ

2019年春からの庭の記録

クリスマスローズと春まき準備

昨日今日と強風の二日間。
タイトルに困ってAIに頼ってみたが、けっきょく自分でつけた。

東庭のセイヨウヒイラギナンテンの下で咲いているクリスマスローズ。あっというまに花茎が伸びてきている。変に暖かかったり雨がたくさん降ったりまた寒かったりで、花も大変だ。

 

シンプルで丸弁一重なのに花が大きいクリスマスローズ

 

チェリーピンクの八重が咲きだした。

今年は鉢植えのクリスマスローズが不調で、半分くらいが花芽なし。みんな東庭に植えてしまおうかなとも考えている。

 

庭の通路のビオラ日ごとにぎやかに。眺めているとなんか楽しくなってくる。


ハボタンに花芽ができ始めて、中心が盛り上がってきてバラの花のよう。

 

先日、久しぶりに花苗とまだ早めの春まき用の種を購入。
苗はスカビオサボジョレーボンネット)とダイアンサス(八重咲なでしこ・ダイナスティ)で、ふたつとも以前に種まきで育てて経験済み。

花の種は、ガイラルディア、ローゼルマリーゴールド(白)。
この赤いガイラルディアはちょっと野草的な雰囲気がありそうで庭植えにいいと思う。ふつうガイラルディアは派手な色が多く長く咲いて丈夫過ぎてほんとうはあまり好みではないのだけど、気まぐれに。蒔くのは4月になってからにします。生協で白いひまわりの種も買ってみた。
春まきの種は大粒が多く、秋蒔きの種ほど神経を使わなくてよい。蒔く期間も長いので失敗してもその間に蒔き直せばよいし。

エルサレムセージを抜く

今週はぐずぐず天気で暖かくなったり寒くなったり雨もけっこう降って。

 

何年も宿根していたエルサレムセージ(フロミス・フルティコサ)。ここ数年不調で葉先も黄色いので、ついに抜いてしまった。やはり枯れかけていた。残念だなあ。

 

エルサレムセージはこんな花。

f:id:noi3noi:20190517073927j:plain

 

年末に探していた苗はとっくに売り切れていたので、かわりに購入したラージ・エルサレムセージ(フロミス・ルッセリアナ)を植えてみた。花は似ていてもラージと名前がつくように大きくなるらしい。

 

ダメもとでエルサレムセージの枝を4本水挿ししておく。継続できるといいな。(いっしょにサントリナやペラルゴニウム・シドイデスも挿した)

 

ビオラの花数も増えてきた。端正なビオラ・・

 

ラビット系のビオラ。そろって芽を出したチューリップ。

 

糸葉水仙につぼみ。明日にでも咲きそう。

 

クリスマスローズ・・家の前を通る散歩のNさんからのいただきもの、2年め。

 

こぼれ種からのクリスマスローズ・・花が大きい。

 

セイヨウヒイラギナンテンの木の下で、唯一のダークネクタリー。

 

冬の間姿を現さなかったメダカもちょっとだけ動き出した。5匹いるはずなのだけど。
20匹ほどもらって一時は子どもも増えたのに、白ばかりが残り赤いのやスケルトンは消えてしまった。スイレン鉢が一個ですむのはいい。

巻貝ばかりが増えすぎているので水替えもせねばならない。メダカのお世話って私には簡単ではなかった・・庭の世話してるほうが苦にならない。

ロベリアを定植

ここ数日、雨の日もあったけれどこのまま春になるのかと思うような気温が続く。

カットして水挿ししておいたロベリア(カスケードブルー)を下駄箱の上の置いていたらしっかり発根していて、土に植えてもいい頃。

 

11月に蒔いた種からのものも育ってきた。こちらも植替え時かな。

 

親株はほったらかしだけど未だに花を咲かせ続けている。ロベリア(カスケードブルー)がこんなに花期が長いなんて思っていなかった。夏越しだけでなく冬越しもできるとは。ひょっとして宿根するのだろうか。いずれにせよこのあと刈り取り。

 

noi3noi.hatenablog.com

ロベリアの苗を定植するためにホームセンターで小さいプランターを探していたら、35センチ幅4リットルサイズが180円の特価になっていたのでGET。茶色が明るすぎて気にいらないので、小容量30mlの塗料を買ってきて塗ってみた。プランター2個分2度塗りでちょうど1本を使い切り(普通のプランターなら1個分か?)。表示の色がダークグリーンぽいのに「みどり」とあって、実際塗ってみたらほんとに「みどり」ダークグリーンではなかったのでこれはちょっと失敗した。「こげ茶」にしおけばよかったかな。この塗料は水性だけどすぐ乾いて馴染み、使いやすかった。



プランターはこのまま使うことにして(プランターが汚いのは土がついた手袋で触ったからで、塗料の色ムラではありません)、種からのと挿し芽したのとを分けて植えこむ。開花は5月中旬頃からだと思うのでしばらく育苗のつもりで。
上のプランターに水挿し&土挿しの苗、下が種から育った苗。

 

プールへ行く前にひと仕事して、ギリアとポレモニウム(ハナシノブ)の苗を庭に植え付けた。

 

プールで泳ぎながら考えて、多湿に弱いポレモニウムは鉢植えにしたほうがいいと思い、帰ってきてからニコチアナの苗と取り替える(地植えでも枯れずに育つのか一株だけを残してみた⇩)。

ポレモニウムは数年前にも葉色が黒っぽい「パープルレイン」というのを種まきから育て、大株になったものの花が咲かず、夏に枯らしてしまった残念な経験がある。今回はせっかく種をもらったのでうまく咲かせられるといいな。掘り起こした苗はいつでも庭に移動できるように小さめのスリット鉢に植え替えておいた。

 

一年草イベリス・ウンベラータも脇芽が出始めたので植え付ける(左の4株)。間に植えた小さい苗は種をもらった時「白い花が咲くシレネ」と聞いているのだけど「ブルガリス」なのだろうか。

 

夕方4時半だけど日が長くなった。2年越しのハボタンにとうが立ち始めたみたい。

 

来週は菜種梅雨みたいな1週間になりそうで、庭仕事は日曜日までかな。

騙されて二ヶ月

お正月前に買ったハボタン(小町)と斑入りヤブコウジ
斑入りヤブコウジの実がいつまでもピカピカでかわいいけど、そろそろ熟して(落ちて)きてもいいんじゃない?

 

なんと!赤い実は、プラスティックでできたニセ物でした。

老眼で見過ごしていた。どうして気づかなかったの。
山の中で育った遠い子どもの頃のこの時期、自生しているヤブコウジは、見つけたら必ず赤い実がいくつ付いているか数えて遊んだものだった。ヤブコウジの実は葉の裏に隠れて付く、サクランボみたいに。そんなことも忘れて、この斑入りの実のつき方に疑問も抱かず、すっかり本物と信じていたなんて。
買った時ラベルにはきっと「実は造り物です」とかなんとかちゃんと書いてあったんだと思う。詐欺にあったような感覚だったけれど、勝手にだまされた私。・・・ほんとうに今日まで気がつかなかったんです。実の中に種があるんなら蒔いてみようかな、なんて考えていたし。(品種改良された斑入りヤブコウジに実は成らないそうです。花が咲かない)。

 

植え付けた黄色いビオラはだいぶん馴染んできたみたい。(白い粒はパーライト

 

東庭で、三つ葉がわさわさ生えてきた。白いカクトラノオはこちらに植替えてからちゃんと根付いているようだ。

 

種まきしたゴデチアの仲間・クラーキアがもうこんなに育って。来月にも花が咲くんじゃないかという勢い。来週半ばあたりから3月並みの暖かさとか?

 

シラー(スパニッシュ・ブルーベル)の芽。

 

地植えしたチューリップは深植えしているので芽はまだ出ていないけど、鉢植えにしたほうはぼとぼちと顔を出し始めた。乾燥しないように水やり続けなければ。去年はだいぶん咲かせずに終わってしまったので、反省を込めて去年よりは深目に植え付けたつもり(今までは球根がやっと隠れる程度に土すれすれに植えていたのだった)。
これは、原種チューリップのライラックワンダー。原種なので早めに芽が出ている。

 

バージニアストック(マルコミア)は前から咲いていて、今咲いているのはビオラとこの花くらい。

バージニアストックは庭やプランターのあちこちに苗を植え付けた。花期が長いので重宝します。

 

久しぶりにCDを買ってパソコンに取り込んで、車で聞くためにUSBメモリにもコピーした。(Windows11って最初はわかりづらい。どうやって取り込むのさ?そこにメディアプレーヤーはあるんか?差し込んだもののUSBメモリの場所はどこを開けば?とかね。いったんわかればWindows10の時より操作は簡単みたい。)

来生たかおさん・・・いいですね。
きっかけは去年亡くなった大橋純子さんの「シルエットロマンス」聞いてから。作曲した本人の歌で聞くとこれがいいんだな。なんというんだろう、歌詞だけだとちょっとエロティックなんだけど歌を聴くとさらっとして嫌味がなく、淡々としていて返ってそれがせつなくて。若いころに聞いていたら涙かもしれない・・・

CDには中森明菜さんに提供した「セカンドラブ」「スローモーション」も入っていてそっちはすでにCDを聞いているので、こっちはこっちで違う味わいが。
誇張しない歌い方が心に響きます。
(ちなみに。「夢の途中」は「セーラー服と機関銃」で薬師丸ひろ子さんが歌っていますが、彼女の歌声って好きです)

宿根草にもテッポウムシ

バラだけでなく、ずっと植えっぱなしだった宿根草の鉢植えも植え替えられるものは植え替えてます。
不思議なことにどの鉢・プランターにもコガネムシ幼虫がいなかったので、防虫対策しているとはいえ一匹もいないのはかえってなにかワケでもあるんじゃないかと思ってしまう・・・(防虫対策は、土の中にパーライトを混ぜる、オルトラン粒剤を施す、バラには不織布を覆ってガードする、といった程度)

マルバ・ブルーファウンテン(ようするにゼニアオイの青花種)は、枝枯れもあってどうも生育がいまいち、庭に植え替えてやるかなと思って葉っぱをかき分け根元を見たら、テッポウムシにやられていた。オガクズがバラとは違うので気が付かなかった。
こんな宿根草でも狙われるんだ。幹の直径が2センチもないのに木質化したせいかな。

 

根っこのほうはまだ元気みたいなので、土を入れなおして再び同じ鉢植えで。根元が折れそうで腐りそう・・あとで、腐らないよう癒合材塗って割り箸の支柱で補強しておいた。

 

マルバ・ブルーファウンテン

 

こちらは夏の終わりにテッポウムシにやられていた鉢植えのほうのバラ、クレパスキュール2号。30センチくらいかじられていて幹も細くなり心配していたけれど、脇から赤い新芽が。よかった。こんなか細い幹一本で、2メートル四方に分枝しながら伸びているバラなので。

 

バラの植え替え、今日はスヴニール ドゥ ラ マルメゾン(四季咲き)。
スリット鉢に植えて深めのプランターに埋め込んでいたのを取り出したら、根っこがすごいことに。(一緒に植わっているのは宿根イベリス

スリット鉢から出ている根っこは鉢ごとバケツに突っ込んで水洗いして、なんとかそのまま鉢からバラを引き抜くことができた。ふたたび後ろのプランターにじかに植える作業はまた後日。スヴニール ドゥ ラ マルメゾンは我が家ではボーリングしてしまうことが多いので、開花時に雨に当たらないよう移動できる鉢かプランター植えにするに限る。

 

庭の小道のビオラ類。今年は黄色いラビット系が中心。

 

余っていたビオラはハンギング用のスリット鉢に。もう10年以上前に買ったバスケット型の鉢で、ほとんどパンジービオラの単植でしか使っていない。専用のスポンジとかヤシマットとか別売りしているけれど、もったいないので梱包材のプチプチ使用。ちょうど60×40センチがあったので半分に切って周りに沿わせ、底はふさがないで。

 

植えこむビオラは土を少しだけ残してビニールポットを扇形に切ってクレープみたいに包み、カッターで十文字に切り込みを入れた梱包材のなかに差し込んでそっとビニールを抜き、さらに土をかぶせて上にもビオラを植え付ける。成長してモリモリしたのは水やり大変だし徒長してくると下に植えた株が垂れる姿が嫌なので、花も少なめ全部で7ポットだけにしておく。

水やりたっぷりしたら馴染むまで日陰において、数日後にはフェンスにでも取り付けて飾ることにします。

 

庭の花苗の様子。植えているのは、サルビア・ホルミナム、銅葉のキンギョソウスターチス、ギリア、オンファロデスなど。

 

※ 庭仕事スタイル

続きを読む

ベル イシスを植え替え

もう新しいバラはいらない、と決めて最後(2022年5月)に買ったバラ「ベル イシス」。じつは過去にも育てていたことがあり、その時は深植えして3年め、ノイバラに変身させてしまったのだった(知らずに台木のほうを大事に育てていたわけ)。
購入時はスリット鉢に植え付けて大鉢に。まわりに4~5本出ているひこばえみたいなもの・・まさかまたノイバラじゃないかと思ったけれど、葉はちゃんと5枚ありベルイシスだった(ノイバラは7枚)。このままでは窮屈になると思い、植え替えすることに。

 

スリット鉢ごと抜いたところ。スリットから30センチほど出ていた太めの根はカットしてバラを抜く。

 

持ち上げてみればこんな感じ。ガリカ系のオールドローズなので剪定らしい作業はほとんどせず、余分な枝だけカット。枝は細くて細かいとげが多いので厚めのゴム手袋で。

 

スリット鉢は卒業、元の直径40センチほどの大鉢にじかに植え付けた。ミニ白竜みたいなグラスとこぼれ種からのシレネ・サクラコマチ、エイザンスミレなどはそのまま。やっと育ってきたファセリアを新たに植え付け。(ひこばえみたいなのはグラスに隠れて見えないけどちゃんと出ています)。つるばらみたいになるらしいので誘引するため支柱も何本か立てて完成。

 

初開花の前に薬害で葉がボロボロになってしまったけれど、花はちゃんと咲いたベル イシス(去年)。

 

ちなみに、前のベル イシスがノイバラに化けた画像。一枝だけなのに樹勢が強くて怖くなり、抜いてしまった(2015年5月)。

 

こちらのバラも植替え。左がギスリーヌ ドゥ フェリゴンドー、右がバリエガータ ディ ボローニャで、前日引っこ抜いた時の画像(中央は影)
ギスリーヌのほうもスリット鉢ごと樽鉢に植えていたので、これもスリット鉢からは卒業。

 

今回の鉢植え用の土は新しい赤玉土とリサイクル古土とパーライトをミックス、「ふるさと堆肥」という牛糞堆肥と肥料少し(マグァンプ)も加えて。
※ この「ふるさと堆肥」、生産者は新潟の中島牧場とあって生協で購入したもの。5リットルで500円(これでも特価品)。

さほど寒くはなく、バラを鉢から抜いて土をほぐしたり入れ替えたりの作業をオットの車がいない車庫でシートを広げて一日過ごした。作業にとりかかるのが遅かったし昼食後ビデオ配信を途中まで見たのでじっさいは計4時間もかからなかったかもしれないけど、土を触るのって気分が良い。

まだ小さい小さいと思っていた花の苗がいつのまにか大きくなっていたので、じょじょに定植開始を。

 

そうそう、寒波到来の後の先週後半はカイガラムシ予防策として初めてのマシン油乳剤を噴霧。天気が続いてよかった。このさき極端な寒さはもうないと思うし、うかうかしてると今年も早めにバラの芽が出てきそうな気がする。とりあえず終えてホッとしました。効果のほどは?

1月24日のにわ

この冬最強の寒波。昨日24日の最高気温、夜中の2℃でした、日中はずっと氷点下。雪は一日中降ったりやんだりで湿った雪なのでたいして積もらず。

画像は午後2時の2階ベランダからの様子。

ミラーレス一眼のレンズよりもスマホで撮ったほうがワイドに映るんだ・・・風景だけならこの手で。
ノートパソコンまるっと8年ぶりに新しくしたら、画像の赤みが強いのが気になる・・いろいろ設定しなおしているのだけど。まあ、自分のパソコン内の話なのでそのうち慣れる?

 

枯れたと思っていたセイヨウヒイラギナンテンが生きていて、12月からずっと咲いている。これだけしか花がないのに蜜を吸いに時々ヒヨドリが来る。以前のようにメジロのつがいに来てほしい。

 

今日25日朝・・積雪は少しだけど凍っている。

 

頭上でモズ吉が。

 

バージニアストックも開花。早く間引きして植え替えしなくては。

 

北側道路の雪も解けてきたみたいだし、ノーマルタイヤでも大丈夫。遅い出勤?になったけれどこれからプールへ。

 

※ 迷走する神経・・

続きを読む